竹光サムライ-竹光侍-TAKEMITU_SAMURAI

竹光(たけみつ)の意味について。竹光とは。用語説明(ようごせつめい)や
その歴史背景、意味などを記載させて頂きます。
竹光のマメ知識・意味

竹光サムライ?

困窮した浪人は刀を売ってその代わりに竹光を?

重い刀を嫌った武士がその軽さから代わりに竹光刀身に?

戦で手柄などをたてることが出来ない時代・・平和な徳川・江戸幕府は2〜3百年

時代背景から。本身刀を質にいれたりすることもあったのではないでしょうか。

名刀と言われる刀の鍛冶(刀匠や刀工とも)の名前には、よく”光”という文字がつくことが多いようです。

それになぞらえて、「竹光」という 名前風 に呼んだんではないかという説

※例:参照:この刀の銘は『たけみつ』でござる、など

 

竹光とは  -  竹光の歴史  -  竹光の意味 -  竹光サムライ?  -  竹光の”光”


『日本刀』マメ知識


鞘(さや)


鐺(こじり)


下緒(さげお)


栗形(くりがた)


鯉口(こいくち)


笄・小柄(こうがい・こづか)


刀身(とうしん)


鎬(しのぎ)


樋(ひ)


茎(なかご)


銘(めい)


柄(つか/え)


目貫(めぬき)


目釘穴(めくぎあな)


鍔(鐔/つば)


ハバキ


切羽(セッパ)


居合道(いあいどう)


尺・寸・分(しゃく・すん・ぶ)


 

『竹光-たけみつ』マメ知識

竹光とは



竹光の歴史



竹光の意味


 

竹光

Copylight(c) 竹光刀剣