刀匠の字・名前に多い竹光の”光”

竹光(たけみつ)の意味について。竹光とは。用語説明(ようごせつめい)や
その歴史背景、意味などを記載させて頂きます。
竹光のマメ知識・意味

竹光の”光”

名刀と言われる刀の鍛冶(刀匠や刀工とも)の名の中から、

”光” という文字をお使いの刀鍛冶をピックアップさせて頂き下記に記載致します。


長船長光、長船光忠、国光来国行、吉光、備前三郎国光、

新藤五国光、長船景光、恒光、相州行光、来国光、

中堂来光包、平安城光長、長船兼光(初代)、義光、相州広光、

倫光、長船兼光(二代義光)、基光、長船政光(初代)、重光、

倫光、法城寺国光、小反秀光、長船師光、相州広光、

長船盛光、康光、重光、師光、祐光、

法城寺国光、長船盛光、師光、経家、祐光、

賀州行光手、康光、筑前三池光世、長船則光、

賀光、左京進宗光、右京亮勝光、長船忠光、加州清光、

次郎左衛門尉勝光、孫右ヱ門尉清光、幸光、法光、修理亮勝光、

五郎左衛門尉清光、彦兵衛尉清光、日置光平、対馬守常光、越中清光

※など。順不同。重複してましたら失礼いたします。一部抜粋


 

竹光とは  -  竹光の歴史  -  竹光の意味 -  竹光サムライ?  -  竹光の”光”


『日本刀』マメ知識


鞘(さや)


鐺(こじり)


下緒(さげお)


栗形(くりがた)


鯉口(こいくち)


笄・小柄(こうがい・こづか)


刀身(とうしん)


鎬(しのぎ)


樋(ひ)


茎(なかご)


銘(めい)


柄(つか/え)


目貫(めぬき)


目釘穴(めくぎあな)


鍔(鐔/つば)


ハバキ


切羽(セッパ)


居合道(いあいどう)


尺・寸・分(しゃく・すん・ぶ)


 

『竹光-たけみつ』マメ知識

竹光とは



竹光の歴史



竹光の意味


 

竹光

Copylight(c) 竹光刀剣